もっちりジェル ニベア

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトとニベア青缶の違いは何なのか見極めてみました

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトはW有効成分の薬用ホワイトニングジェルで、累計販売数が600万個という大ヒット商品です。

 

一方、お肌につけるクリームで超有名なのが、ニベアですね。

 

この2つはどんなふうに違うんだろう、と思っておられる人、意外と多いのではないでしょうか?

 

そんな疑問を持ったので、この2つを比較検証してみました。

 

>>すぐに初回56%OFFの公式キャンペーンを見る

 

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトとニベアの青缶の比較

 

比較するにあたって、まずマツキヨで売っているニベアの青缶について、わかっていることをまとめておきます。

 

★価格……598円

 

★容量……169g

 

★その他……ニベア本体とは別個に、化粧水などが必要

 

比較するローヤルゼリーもっちりジェルホワイトについて、わかっていることをまとめておきます。

 

★価格……1,980円(注:定期初回分)

 

★容量……75g

 

★その他……本体だけで用が足りる(ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは化粧水、乳液、化粧下地、うるおいパック、クリーム、美容液、の6つの効果がある)

 

上記を比較すると、価格と容量からは、ニベアの青缶のほうがお得に感じられます。

 

ただし、ニベア青缶はその他に化粧水などを使う必要があるのに対して、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは1つだけで6つの効果があるので、それだけでスキンケアを完結できるというところが大きなポイントです。

 

毎日のことですから、いくつものスキンケア用品を使うのは、かなりの時間がかかって面倒です。

 

金銭的にも、いくつものスキンケア用品を買うと、ひとつひとつはそれほどでなくても、合わせるとバカにならない金額になりがちです。

 

ですから、時間とお金を含めて総合的に考えると、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトのほうに軍配が上がると、個人的には強く思います。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの特徴

 

ここで、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトのすぐれた点を紹介しておきましょう。

 

3つあります。

 

1つめは、保湿オイルカプセルです。

 

保湿オイル由来のカプセルで、ローヤルゼリーやヒアルロン酸、コラーゲンを包みこんで肌に浸透させますから、64種類もの美容成分を浸透させることができるんです。

 

2つめは、薬用ホワイトニング効果です。

 

水溶性のプラセンタエキスと、グリチルリチン酸ジカリウムのダブルの有効成分が配合されていて、ホワイトニング効果がとても高いんです。

 

シミを予防し、できてしまったシミが濃くなるのを防いでくれます。

 

3つめは、ホワイトニングが面倒くさくないということです。

 

普通ホワイトニングをするときは、重ね塗りをしたり、アイテムが高価でうんざり、ということがありますよね。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは、オールインワンで簡単にホワイトニングもできるんです。

 

しかも、1日あたりのスキンケアが66円という驚きの安さです。

 

まずは公式サイトのチェックを。

 

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトとニベアの比較、いかがだったでしょうか。

 

管理人としては、コスパを考えるとローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの方に軍配を上げる、というのが結論です。

 

現在、初回分をお得な値段でお試しできますので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

>>初回56%OFFで安心の公式サイトはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きちっとお手入れを心掛けていかなければ…。

 

「春や夏の間はさほどでもないけれど、秋や冬に入ると乾燥肌が進行する」というなら、季節の移り変わりに合わせて用いるスキンケア製品を変更して対応しなければいけません。
激しく皮膚をこする洗顔方法の場合、摩擦が原因で赤くなってしまったり、皮膚の上層に傷がついて厄介なニキビができる原因になってしまう可能性がありますので注意を要します。
敏感肌の人につきましては、乾燥が災いして肌の防護機能が役目を果たさなくなり、外からの刺激に過度に反応してしまう状態です。刺激の小さいコスメを使って常に保湿する必要があります。
洗顔については、皆さん朝と夜に1回ずつ行なうものと思います。毎日行うことですので、適当な洗い方を続けていると肌に負荷をもたらすことになってしまい、結果的に大変なことになります。
美白専門の化粧品は不適切な方法で使いますと、肌にダメージを与えてしまう懸念があります。化粧品を使う前は、どんな美肌成分がどのくらい使われているのかをしっかり確認すべきです。
アトピーと一緒でまるっきり治りそうもない敏感肌の方は、腸内環境が異常を来しているというケースが稀ではありません。乳酸菌を自主的に補充して、腸内環境の適正化に努めてください。
美白用の基礎化粧品は連日コツコツ使うことで効果が期待できますが、常用するものであるからこそ、効果のある成分が含まれているかどうかを判別することが欠かせません。
月経前になると、ホルモンバランスの悪化によりすぐニキビができると悩む女性も目立ちます。お決まりの生理が始まる直前には、睡眠時間をきっちり確保することが大事です。
若年層なら日に焼けた肌も美しく見えますが、時が経つと日焼けはしわとかシミのような美肌の最大の天敵に成り代わりますので、美白用のスキンケアが必須になるのです。
「肌がカサカサして引きつる」、「時間をかけて化粧したのに早々に崩れてしまう」などの悩みを抱える乾燥肌の方は、現在利用中のスキンケア商品と平時の洗顔方法の再考が即刻必要だと思います。
普段のお風呂に必ず必要なボディソープは、肌への負荷がそれほどないものを選択しましょう。泡をたくさん立ててから撫でるかの如く愛情を込めて洗うことを意識しましょう。
きちっとお手入れを心掛けていかなければ、老化現象による肌の衰弱を避けることはできません。一日数分でも地道にマッサージをやって、しわ対策を実施していきましょう。
肌を美しく整えるスキンケアは美容のベースとなるもので、「本当に顔立ちが整っていても」、「すらりとした外見でも」、「高級な洋服を着ていようとも」、肌トラブルが起こっているとエレガントには見えないのではないでしょうか。
「大学生の頃からタバコをのんでいる」といった人は、美白成分であるビタミンCが確実に少なくなっていきますから、喫煙の習慣がない人よりも多量のシミやそばかすが作られてしまうのです。
体質によっては、30代の前半でシミが目立つようになります。小さなシミは化粧で隠すというのもアリですが、理想の素肌美人を目標とするなら、10代の頃からお手入れすることをオススメします。

 

 

毛穴のポツポツをどうにかしたいということで…。

 

ニキビや発疹など、多くの肌トラブルは生活スタイルの改善で修復できますが、あまりにも肌荒れが進行しているという人は、皮膚科で診て貰った方が良いでしょう。
ボディソープを選定する際は、何を置いても成分を調べるようにしましょう。合成界面活性剤を始め、肌に悪い成分が配合されている商品は避けた方が良いというのは言うまでもありません。
腸内の環境を改善すると、体中の老廃物が排泄され、勝手に美肌になることができます。滑らかで美しい肌のためには、ライフスタイルの改善が不可欠と言えます。
あこがれの美肌になりたいなら、さしあたって疲労回復できるだけの睡眠時間をとるようにしましょう。並行して野菜やフルーツを中心とした栄養バランスの良い食習慣を意識することが重要です。
洗顔というものは、誰しも朝と晩に1回ずつ行なうと思います。日々行うことですから、デタラメな洗浄方法をとっていると肌にじわじわとダメージを与える可能性が高く、リスキーなのです。
10〜20代は皮脂分泌量が多いことから、否応なしにニキビが発生しやすくなるというのが実際のところです。症状が進行する前に、ニキビ治療薬を使って症状を抑えましょう。
「ニキビが背中に再三発生する」といった人は、毎回使っているボディソープが合っていない可能性があります。ボディソープと体の洗い方を変えてみてはどうでしょうか?
自分の肌に適応する化粧水やクリームを取り入れて、きちんとお手入れをし続ければ、肌は決して裏切ることはないでしょう。したがって、スキンケアはやり続けることが大事です。
赤みやかぶれなどの肌荒れは生活習慣が乱れていることが主因であることが多い傾向にあります。常日頃からの睡眠不足や過度なフラストレーション、質の悪い食事などが続けば、健康な人でも肌トラブルを引きおこしてしまいます。
洗顔の時に使うコスメは自分の肌タイプに合わせてセレクトしましょう。ニーズに合わせて一番相応しいものを厳選しないと、洗顔そのものが大事な皮膚へのダメージになる可能性があるからです。
ニキビなどで困っているのなら、愛用しているコスメが肌質に合うものなのかどうかをチェックしつつ、生活の中身を見直す必要があります。当たり前ですが洗顔方法の見直しも必要不可欠です。
日々のお風呂に必要不可欠なボディソープは、刺激が僅少のものを選択した方が賢明です。たくさん泡を立ててから撫でるみたいに愛情を込めて洗浄することが大切です。
日本では「肌の白さは七難隠す」と前々から語られてきた通り、色白というだけでも、女の人と申しますのは魅力あるふうに見えます。美白ケアを実行して、一段階明るい肌を目標にしましょう。
毛穴のポツポツをどうにかしたいということで、何回も毛穴をパックしたりピーリングでケアしようとすると、皮膚の表面がはぎ取られて大きなダメージを受けてしまうので、毛穴が引き締まるどころか逆効果になる可能性が高いです。
30代を超えると毛穴から分泌される皮脂の量が減少するため、いつの間にかニキビは発生しにくくなるものです。思春期を終えてから発生するニキビは、生活スタイルの見直しが必要と言えます。